島根・山守network

より多くの人たちが山に目を向けること、また山での作業に“安全に”関われるように、素人目線からの情報の整理、補完が出来れば幸甚

チェンソー製材機があれば、山の資源を自分で活用できる!

6IMG_8573※2016/7/15追記---裏山製材(文末へ)
 またまた道具ネタでご無礼を致します。何年も前(4年くらい前)から欲しかったチェンソー製材機をやっと此の春に導入することが出来ましたので、その触りだけでもちょっとレポートしましょう。

 裏山の資源を活用するためには、ロープウィンチとチェンソー製材機があればこそ。薪ストーブもあるし、モキ製作所の薪(竹でもOK)ボイラーもあるし、これで一通りのベースが揃ったかな。

 島根県東部の雲南市に於いて、住民や移住者(希望者?)の方々を対象に、山村の空き家に泊りながら、自分自身で木を伐採して搬出を行い、その材を活用して行く講習を展開して行く計画があります。

 また西部の石見地域では、温泉宿に泊りながら、同様に山から木を伐り出して製材するなどの講習が可能ですし、うちの集落の高台にある素晴らしく景色の良い農家を貸して貰える話も出ていますから、もしかすると、家を修復しながら農林業の体験が出来る様になるかも知れません。

【元は梶谷氏のブログ記事から】
 そもそもチェンソー製材機なるものを知ったのが、Iターンで吉野に入り、為になる林業の情報を発信されている梶谷哲也氏のブログ記事でした。
 梶谷氏は、「梶谷哲也の達人探訪記」や「林業現場人 道具と技」シリーズ(現在14号まで)など全林協さんの書物に沢山登場されて様々な智慧を書籍でも伝授されていますが、ブログとFacebookでも突っ込んだ話、普通では聞けない現場での失敗談なども披露して下さっています。

 プロの方々の中では超有名な方ですが、此れから山仕事に携わろうという新規参入者の方々にとっては何から何まで非常に参考になることを発信されていますので、過去に遡って記事を網羅されると良いでしょう。

 さて、その記事、「チェンソーで製材してみた(1)」を4年前に読んでからは欲しくて仕方が無かったのですが、なんと言っても其の頃は行政の嘱託職員で手取りが月10万円ちょっとの生活ですからとんでも無い話です(山奥の限界を超えた集落住まいで、お風呂用の深夜電力の電気温水器の電気代が高いこと、それから街まで35kmあるのでガソリン代が。。。あとは冬の灯油代がもの凄かったし、寒いので冬のアルコール燃料も沢山消費。夫婦で暮らすのにはギリギリの生活費でした〜)。

 その為に、助成金で手に入れようかと色々画策したのですが其れも適わず。他にも色々企画したのですが、結局手に入れられず今に至ったというわけです。補助金頼りというのが大体考え方が甘いですよね〜。続きを読む

【告知】ロープスプライス講習開催 島根県東部 2016/11/3〜4 by アウトドアショップK 及びロープスプライスの風景

【ダブルブレイドロープのアイスプライスとフォローブレイドロープのアイスプライスやウーピースリング作成の講習開催予定】
6IMG_7418
 先日、記事に載せた広島、安田林業さんのロープスプライス講習も盛況の内に終わった様子。
 益田からの参加者の方からメイルを頂き、ダブルブレイドのアイスプライスは結構大変だったとのことを伺いました。

 でも、ロープを多用する方々にとってみれば、自分で加工出来ればコストダウンに繋がること必至。
 そして、フォローブレイドロープの場合には、現場で傷んだロープを再加工出来ることも強みだそうです。

・本年11月3日(旗日)と4日(金曜日)の二日間の予定でロープスプライスの講習を島根県東部で開催される予定です。

 Kさんは相変わらず超忙しくてサイトでの告知もアバウトな状態(因みに講習現場の事情で今回リギングは出来ないと思います)。
 でも、講習用の現地確保など頼まれて、すでにスタンバイ出来ているので確実開催、、、の予定です。
 あ、5日(土)と6日(日)はロープクライミング講習ね。11月の1日(火)と2日(水)は造園協会さんのクライミング講習の予定なので一般の方々の参加は無理。サブ講師は去年はツリースリーの戸出氏と島根からは堀江氏が担当。今年はJ内氏もサポートに入る予定の様子。もしかすると、今回も安田さんが、手伝いとか言って遊びに来るのだろうか。

 その、安田林業さんも、ロープスプライスとクライミング/リギングの講習を定期的に行うつもりと社長からメイルを頂いているので、興味がある方は安田林業さんのサイトのページをご覧下さい。

【ダブルブレイドロープ CLASS1 24ストランドのアイスプライスに挑戦】
 さて、アウトドアショップKさんが以前から島根でもロープスプライス講習をやろうと言っていたのですが、其の前に、実家の用事で暫く関東に戻って来た時に往路と復路で伊那に寄って自分自身がお勉強しに行って来ました。
 でもって、ロープスプライスに興味がある方の、ご参考になるかも、、、いや、ならないかも知れないけど、自分で出来ると便利なのは確かなので書いてみることにしました。
続きを読む

森造りの「藤森隆郎先生の講演会」in 松江 7月8日 2016年

G000100168S00-1 いやあ、まずいまずい・・・大分前にチラシを作っていたのにもかかわらず、こちらにアップするのを忘れていました。

 チラシ本文から抜粋します。申込み、及び詳細については、オフィシャルサイトでチラシをダウンロード出来る様にしてありますので、そちらから。

1.開催日時:平成27年7月8日(金)14:00~16:00
 
2.開催場所:島根県松江市母衣町55 番地 林業会館5 階大会議室
3.講演内容:「長伐期施業―持続可能な森林管理の本質」藤森隆郎先生
4.申込み:一般の方も参加可(要申込み) 申込みはチラシに記載
5.日本林業技士会(島根県支部)、島根県林業研究グループ連
絡協議会共同開催

続きを読む

ハイリフトジャッキ!(災害時のレスキュー用に)

☆熊本の地震の際に考えるところがありハイリフトジャッキを導入の巻☆
6IMG_8212 リリースしたいネタは沢山あるし、画像も沢山溜まっているのですが、ホント時間が無くて・・・いや、老化で体力気力が追いつかないのが現実なんでしょうけど。
 
【重たい道具満載の愛車】
 さて、このゴチャッとした画像は、愛車のデリカスターワゴン(最終型のMT、LSD付き中古、現在17万km走行)のリアシートの下のもの。

 何が収まっているか分からないですよね。奥の方には自分でも何を突っ込んでいるか忘れてしまっている状態だったりして、掃除をすると、“こんなものも入れていたんだ!”と感動する始末・・・

 そう、ボケの領域に入っています。はい。

【重たい道具を積んでも燃費の良いディーゼルを更に良化させる高性能添加剤】
4IMG_6002 今は講習会ばかり行っているので道具類を何時も満載ですし、屋根にもラックが2台も積んであって其処にも荷物を載せることが多いのです。重い時にはヘッドライトが空に向いてしまうので夜の走行に樹を使う位になります。

 それなのに燃費が良いのは、前の持ち主の方のメンテも良かった事と、わたしがディーゼル車の扱いに慣れている事、そして何処かにも書いたと思いますが、“ナノワークス”という、スペシャルなエンジンオイル添加剤を使用している事で低回転のトルクアップ、振動の低減、燃費向上を実現しています。

 島根県下の山道を走って東部と西部を行ったり来たりしても(高速もたまに走る)90km/h以上で飛ばさなければ大体リッター当たり11km代を記録。そして長期間、その効果が持続する事も体験しています。
4IMG_3219
 7年位前から使っているので、このナノワークスについては、また別途記事にしたいですが、ポンコツになったエンジン程、其の効果、変化が分かり易いです。また、チェンソーや刈り払い機のガソリンにほんのちょっと垂らすだけで旧いエンジンがよく回る様になります(振動も少なくなりレスポンスも向上)。当然、燃費も良くなります。

 うちの軽トラは20年前の4速マニュアル四駆ですが、津和野と奥出雲間を山ばかり走り、二名乗車荷台は搬出道具満載で500km近くを往復した際にはリッター当たり17kmで走っていました。

 もっとも島根は道がよく、広域農道などでもスピードが出せます。が、4速軽トラはは精々5〜60km/hで走るのがやっと。でも、昔の4速軽トラは低回転域のトルクが太いので3、4速で大体の道をカバー出来ることも強みなのでしょう。

 さて、実はナノワークスのサイトの筑波走行会の記事でホンダのビートを運転しているのは私。そしてラジコンヘリコプターへ使用した際のインプレッションを書いている方の話は、相模川の河原で出会ってナノワークスを少し分けて上げたら、其の効果に喜ばれてユーザになって書かれたものです。

 おっと、いけない! また話がずれてしまう。今回はハイリフトジャッキの話でした。四駆でやばいところをアタックしている人にはお馴染みのものです。以前はなかなか買うところまで行かなかったのですが、今回の熊本の震災を機に導入しました。
続きを読む

避難中の車中泊の際のエコノミークラス症候群(旅行者血栓症)だけでなく鉄骨住宅暮らしの注意点

室内地磁気計測☆遅くなりましたが熊本の震災お見舞い申し上げます☆
 なかなか記事更新が出来ずにご無礼をしております。前回の記事は熊本の震災の前でした。今頃になってですが(本記事は5/1に書き始めて多忙のためアップロードする6/23までスタックしていました)、震災に遭われた方々へお見舞いとお悔やみを申し上げます。昨年お世話になった方々も被災されてしまったとのことなのでどうしたものかと悩み中です。

 昨年は2度熊本にお呼ばれして県林研の搬出とロープワーク講習を行わさせて頂きました。熊本の方々の人柄と食べ物の美味しさ(此れってリンクすると思うのですが.....)が印象的でした。

  最初の地震後直ぐに、その時に知り合いになった県の職員の方々と、菊池郡のお茶の福本園さんにメイルを。
 県の職員の方々はご無事でしたが、お家が大変なことになっているとのこと。それでも、地震対応に奔走されている様子でした。

 一方、福本園さんはというと、お家と工場に被害が及んだもののご家族もご無事の様子が確認出来ました。が、その後に本震 が・・・
 でも、HPではご無事であることが書かれていて、受注もされているとのことが分かりました。そして、その後5月後半にまたまたお茶をお願いすることになり、ろくに寝ないで作られた新茶を、お世話になった方に送って頂く手配ができました(福本園さんのお茶は減農薬と微生物による土壌管理をされているので、志の高い好ましいものと考えています)。

 その際にお住まいの事を尋ねましたら半壊しているとの事でしたけれど、でも周りの方々のご尽力で工場が稼働出来る様になっているので、折角できてきる新茶を摘み取って加工されているとのことです。連絡をした際に出られた従業員の方は、少し離れたところにお住まいがあるそうですが、ちょっとの違いで全然被害が無かったそうです。

【金属の箱の中で長時間過ごすということは】
 さて、ネットでのニュースを観ていますと、今回の熊本の震災においても、車で避難生活をされている方々へのエコノミークラス症候群への対策の勧め記事を目にします。(NHK NEWSWEB防ごう! エコノミークラス症候群
 この言葉を初めて知ったのは、中越の地震が起きた後でした。避難所暮らしを逃れて自車で暮らしていた方が、長時間の同じ姿勢に寄って静脈瘤が出来、それが肺の動脈に詰まって急に亡くなったというものでした。急性肺血栓塞栓症とも言われるそうです。

続きを読む

お知らせ・奥出雲エリア---ミニイベント “あわいの杜一日籠り” 雲南市吉田町民谷

5月1日開催「あわいの杜の一日籠もり」結果報告:当日は天気に恵まれ爽やかな薫風が吹く中で楽しく終了したそうです。影山氏から画像を貰いましたので掲載します。
 参加者には、わたくしの知り合いの方も沢山居られますね〜。参加したかったけれど所用で横浜に来ているので・・・おいしい山菜やタケノコをたっぷりと召し上がったことでしょう。
あわいの森IMG_1369sあわいの森竹炭焼きあわいの森竹炭づくり









 信州のモキ製作所製無煙炭化器による竹炭づくりと参加者の集合写真。上の画像では、炭化器の上の方が灰になってしまっているけれど、奥の方でしっかりとした竹炭が出来ていたとのこと。後日、その竹炭を使って蓄電池が出来るかどうかを実験するとのことです。

 取り敢えず、この無煙炭化器は面倒な竹の処理を行うのには超優れもの。出来た炭は土壌改良剤に使う処理方法が日本各地で行われている。うっかりと火の管理を忘れて放置すると灰になってしまうが、それもオーガニック農法には有用。

 剪定木や竹を燃やすことは廃棄物処理法には引っかからないので野焼きをしても大丈夫らしいが、この無煙炭化器を使った炭づくりは煙は最初だけしかでないので近所に挨拶をしておけば、街中で行っても平気ではないだろうか。そもそも、廃棄物を燃やしている訳ではなく炭づくりをやっているので、周りが広いところで、消火用の水の用意を行い、火の管理さえしっかりと行えば消防法にも抵触しないみたいだし。。。詳しくはメーカに聞いてみて下さい。

 この無煙炭化器はわたくしの協議会で管理しているものだが、他にもモキ製作所製の無煙“竹”ボイラーもあり、こちらも乾燥した竹を燃料として150Lのタンクのお湯を数十分で湧かせる優れもの。エコ生活や災害時に非常に役に立つでしょう。
 迷惑ものの竹の有効活用の一つとして優れたアイテムなのでご興味がある方はお調べ下さい。
以上
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【民谷情報プラスα】
 こちらは、同じ頃に同じ民谷の清岸寺さんからお誘いのお電話を貰った時のもの。『山菜を採ってみんなで食べるから来ませんか〜!』、「ひゃあ〜、残念!いま横浜なんですよ〜・・・」
 その後に携帯にショートメイルが。『今から庭で天ぷらです。』『三つ葉、ウド、こごみ、柿の葉、お茶の葉、イタドリでーす!蕎麦は主人が打ちました。』
原さんDSC_5078s原さんDSC_5071s  





 

 クッソー!どちらも参加したかったなあ。わたしは山菜キノコ大好き人間。関東に居る時には仲間と新潟の残雪残る山奥まで採りに行っていました。テントを張って三日三晩の山菜パーティ。沢登りの装備で沢歩きをしながらウルイなど多種の山菜を山ほど調達。地元の人たちも採りに来ない山の中なのでのんびりと調達。呑んだあとのコシアブラ飯なんて超絶品!
 採りたての山菜は意外と灰汁の影響がなく、沢山食べてもお腹に影響がない。但し、強いものもあるので基本的には食べ過ぎ注意です。カタクリなんて花も葉もお浸しにすると超美味しいけれど食べ過ぎた女の子は一晩ダウンしていたこともありますから。以下本文に戻ります。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
山菜ツアー2016L またまたお知らせです。春はイベントが多いですからね。
5月1日開催「あわいの杜の一日籠もり」

 昨秋に行われた「雲南市吉田町にてツリーワーク講習開催予定---11月21日22日」の会場だったタタラ製鉄で有名な吉田町で、此の春は山菜採りと竹活用のミニイベントが開催されます。


 主催者は、長年石見銀山で学生さんたちのためのワークショップを運営されて来た方です。

 ご自身の本業である会社のWebサイトはこちら。色々深いお話が伺えることと思います。

続きを読む

お知らせ“4月16日&17日 ロープワーク勉強会開催予定&レポート追加”---安田林業さん(広島県廿日市市吉和)

6月8日更新:
安田林業さんの6月ロープスプライス、7月ロープクライミング講習会開催のおせらせ

安田社長より以下のお知らせを頂きました。ご都合とタイミングが合う方はお問い合わせ下さいね。


この度、クライミング及びスプライスなどの研修会を開催することとしました。
全ての日程となると不定期になると思いますが、とりあえず下記の研修会を開催いたします。
IMGP2040お知り合いの方で興味のある方がいらっしゃいましたら、ご紹介ください。

なお、詳細・申込はホームページに記載しております。
http://yasuda-forest.jp/workshop.html

6月26日(日) スプライス研修
7月9(土)~10(日) ロープクライミング研修[STEP1]

よろしくお願いいたします。


---------------------------------------------------------

5月24日更新
:勉強会の画像を安田氏より頂きましたのでアップロードして報告とさせて頂きます。
s堀江さんs練習風景









 当日は風が可成り強い日でしたが、あまり影響なく出来たそうです。本勉強会のお知らせを差し上げた益田市からの参加者2名に報告の電話を貰いました。
 上右画像のオレンジ色の人は雲南市の堀江氏。来て居られたんですね。今年も秋に島根県東部でツリークライミングとロープのアイスプライシング講習会を予定しておりますが堀江さん講師で来て下さいね。
sリギング作業sシステム検討









 上左画像は、グループに分かれてリギングシステムをどの様に構築するか参加者で頭を捻っているところ。益田の参加者の方からは勉強になったとお聞きした。
 上右画像はリギングの様子。我々素人は、「この位の高さの枝なら、梯子で登ってチェンソーで枝を落とせば良いや・・・」などと簡単に考えるけれど、実は凄く危ない考え方。何故なら、この位の高さだと枝先が先に落ちてたわみ、反動で元口が自分に向かって飛んできたりするから。
 また、枝が何処で絡むか分からない場合もある。八王子で空師をやっている友達は昨年、伐った枝の元口が撥ねてチェンソーで左手を切っていた。慣れた者でもそんなことがある。
 さて、安田社長からのメイルに下記の様にあった。

『当日は総勢15名で福岡・島根・広島の各県から参加がありました。
現在、クライミング講習とスプライス講習の開催を検討しております。
来週から長野での研修を受けてきて、詳細を詰めようと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。』


 お、やる気まんまん。Kさんところへスプライシングを教えて貰いに行く気だな。わたしは一足早く、先日法事で横浜に戻った復路でKさんのところへ四日間居候して出来る様になって帰って来たのだ。新しく出たロープ、タキオンは硬くて往生したが、ちょっと技を使ってカバーをアイに被せる方法を発見。もし最後の詰めが大変な時はご教授しますぜ・・・安田社長。

と、書いたところ安田社長からお返事を頂きました。

『今回の研修出張は、アーバンフォレストリーさんの研修受講です。
もちろん、木下さんの所にも寄りますけど(^_^)
実は、Class1スプライスの技術は既に持ってまして、社内で使用するロープは勿論、弊社販売のロープ系のスプライスは弊社で作成のものです。
今回の研修は、自らの技術向上と、研修方法を学ぶために受講してきます。
次回研修をお楽しみに(^_^)』


だそうですので、近県の方は安田林業さんの告知にご期待を!
ご無礼致しました。拝

---------------------------------------------------------

4月14日更新:予定を貰いましたので抜粋転記します。詳しくは安田林業さんにお問い合わせを。

4IMG_5894ーーーーーーーーーーーーーー
今週末のリギング勉強会の日程が決まりましたので連絡します。
16日(土)13時。リギングのためのクライミング練習。
 ちなみに私たちは午前中から準備に入ります。
17日(日)9時。同じ場所でリギングの勉強会。 
 当日は午後から雨の予報なので、あまり遅くまではやりません。
 よろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーー


 急ではございますが、(^^;; 広島の安田林業さんのプライベートイベントのお知らせをします。

 3月には島根にアウトドアショップKさんたちに来て頂きツリーワークの講習会を行って貰いました。
 その際には、安田林業の安田社長もお手伝いに来られ無事講習会を終える事が出来たのですが、社員の方々にも刺激になったらしく、自分たちの勉強のためにプライベート勉強会を開催されるとの事。

 以下の様なメイルを安田社長より貰ったのですが、申込みをして貰えば外部の方の参加も可能とのこと。確約はできないと思いますが、「時間があれば、クライミングの体験くらいは出来るかも」ともコメントを頂きました。ご興味がある方は、直接安田林業の安田孝社長まで問い合わせてみて下さい。

(右写真は、3月末の吉賀町柿木村に於けるアウトドアショップKさんのリギング講習時のもの。オレンジのプロトスヘルメットが安田社長。白ヘルメットのクライマーはツリースリーの戸出氏。行っているのはODSKさんでM-RIGと言っている吊るし伐りのやり方でM字型にスマートウィンチで吊るして、PCW3000で伐った材を吊るしたまま移動させてしまうためのセッティングを行っている。白ヘル、蛍光イエローのジャケットの戸出氏が乗っているトップカットした材を根元から伐って浮かせて移動する準備中。またレポート書きます)
続きを読む

丙申年3月島根県西部ロープクライミング(ロープ高所作業特別教育含む)&リギング講習のお知らせ

3月11日追記:ページ末にアウトドアショップKさんから受講者への連絡事項抜粋転記(3月9日付)を追加しました。

 昨年より告知していたアウトドアショップKさんの、ツリーワークのための「ロープクライミングとリギング講習」が島根県西部の鹿足郡吉賀町にて開催されます。
 本当はとっくに要項を載せてご案内する予定だったのですが、ODSKさん忙し過ぎて未だに要項が出て来ていません。そうこうしている内に大分申込みが入っている様子。

 ここのブログを見に来る人はあまり居られませんので影響はないと思いますが、前に書いていた責任上、続報をお知らせする次第です。

8IMG_2047 もっとも、以前の記事の「雲南市吉田町にてツリーワーク講習開催予定---11月21日22日」には、随時追記してお知らせはしておりました。

 此の時のレポートも未だ書けずに居ますが、その前の秋にも沢山書く事がありまして、どれも後手後手に回っております。

 この昨年秋のツリーワークは島根県東部でしたが、県下以外にも鳥取、岡山、広島、山口、北九州から大勢の方々が集いました。

 この3月には、昨年の6月に「ツリーワーク入門」として行ったところに戻りまして、西部の鹿足郡吉賀町の柿木村で開催します。中国道六日市ICから30分ほどのところです。

 今回の前半のロープクライミングは、この夏に施行されるロープ高所作業の労働安全衛生規則改正に対応する特別教育の修了証も発行されるものです。

 後半は中国地方ではもしかすると始めてになるかも知れないリギング講習(ロープクライミングが出来る方のみ受講可能)が開催されます。
続きを読む

日本人向けのチェンソーワークとチェンソー、そして安全に対する意識醸成について:特に自伐型にアプローチしようとする人に

 この記事は、前の記事の560XPの事を書いていて、安全のことや日本人に合ったチェンソーワークのことを後の方に書き始めたらボリュウムが大きくなったもので新たにページを起す事にしたもの。
 それと言うのも、60ccのパワフルなチェンソーが復活して動く様になって改めてチェンソーの事故について考えたのですが、相変わらず長文過ぎるので若干加筆してこのページとして作り替えました(随時少しずつ加筆中のため、余計にゴチャゴチャに?)。

【事実を知って、現実を直視】

 そうそう、チェンソー事故について参考になる記事を私が尊敬する森林ジャーナリストの田中淳夫氏がアップされているのでリンクを付けておく。
『Yahoo!ニュース「事故率12倍! ……」を書いた裏事情』

 ただし、此の記事の中の二つあるリンクページは何方も覗いてみて頂きたいが、一つのグーグルでのチェンソーアクシデントの画像は、食事中とか夜寝る前には観ない方が良いかも。

  でも、基本この事実ありきなんだよね。日本人って、安全安全と口では言うけれど、結果感情論だけに終始して、実際に起こっている事実を積み重ねて行く事を やらないし、怖い現実を受けとめようとしないから、何時まで経っても「安全に配慮している..つもり...」で、終わっていると思う。

 田中氏のYahooの方の記事に書かれている、アメリカでのフォレスターへの研修では事故の画像とか動画を最初に見せられると言うこと。リアルな現実を直視しないで文字上だけだと、心底肝に命じるところまで行かないんだよね。続きを読む

【告知】『木質バイオマス資源市開催!』低含水率の薪 〜 来シーズン用原木まで。木工用丸太もあるよ:合同会社グリーンパワーうんなん(島根県雲南市)

島根県雲南市【木質バイオマス資源市:薪市場&原木市開催】2016年春 3月12日(土)
5IMG_9855 島根県雲南市加茂町南加茂1204番地の「合同会社グリーンパワーうんなん(以降、GPうんなんと記す)」 にて、『木質バイオマス資源市』が開催されます。

 この2月には、雲南市産の山の木を地元の製材所さんなどに向けた原木の市を行われていますが、来る3月には、GPうんなんと雲南市さんとの共催で山村活性化事業の市場調査のために、一般の方々に向けた市(いち)を開催みる事になりました。

 勿論、雲南市外の方々のご参加大歓迎です。山陽側からも中国やまなみ街道(尾道松江線)にて無料でアクセスできます(三刀屋木次ICから10分程度:54号線から直ぐ)。
 

 さて、GPうんなんのHPは、これから私の方で製作させて頂く事になりましたが、まだ時間が掛かるので、先に此方で情報を流すことにしました。
5IMG_4208
 詳しくはHPが出来ましたらリンクしますので、そちらをご覧下さい。また、内容が確定して行きましたら当ページも随時内容更新して参ります(当ページに記載した内容も変更するかも知れません)。

【対象者】
 薪ストーブユーザから木工を趣味でされる方。
 細めの丸太が欲しい方(杭用とか小屋の造作に)。
 もしかすると用材に使える様な長尺材も用意出来るかも(必要な方には地元の製材所さんもご紹介出来ます)。
 あとはフローリングなどをご自身で施工されたい方には、まだ市場に出ていない、施工し易く造りが洗練されたフローリング材、壁材を紹介出来るかと(展示する事になりました。GPうんなんさんのHPにも載せました)。

 それから丸太の端材(太かったり長かったり色々)も安くお分けしようと企画しておりますので、チェンソーアート用、木工用、丸太椅子作成用などなど、用途様々な素材も提供させて頂けるよう計画中です。

 他には、催し及び展示として、素人が素人に教える安全なチェンソーの運用体験とか(^^;; 搬出用のPCウィンチのPCW3000のセットを展示するとか、モキ製作所さんの竹(薪)ボイラーの展示及びデモも予定しています。
 チェンソー製材機のアラスカンとミニミルをオーダーして、丸太製材のデモもやろうと思ったのですが、なんと在庫切れ! 此れについてはまた次回です。

【販売品内容】暫定です・・・

・昨年の夏前に作った薪:含水率12%程度
・昨年の秋に作った薪:含水率16%程度
・以降の薪:含水率20%以上、積んだ位置による。
 材は桜・ナラ・樫など
・来シーズン薪用広葉樹原木各種
・来シーズン薪用針葉樹原木各種
・木工用針葉樹原木(短材)※雲南市内の製材所さんも紹介予定(製材の費用は立米2万円弱ですが、量が少なくても手間が掛かるので同じ位掛かると考えておいた方が妥当。安かったらラッキー!)
・根太を製材所さんでスライスしたものや、イチョウやネムノキの板も作っている様子

【販売方法】暫定予定です・・・
 販売の方法は、重量計測で行う予定です。受付順にトラックスケール(車ごと乗る計量機:カンカン)に空荷で乗って事前計測を行い、購入品の内容と計測した重量によって金額を決定します。現金支払いのみ対応。積込みはご自身でお願いします。太い原木購入の人のみ機械による積込みを行う予定。

例:低含水率薪を軽トラ一杯(最大積載量350kg)2万2千円、広葉樹原木を軽トラ一杯(最大積載量350kg)6千円など。価格については暫定。

【運送】
 運搬サービスはなし。取り置きは短期間ならば可能か只今協議中。
続きを読む
ギャラリー
  • 大径木対応ログ用リフティングトングと1.5t材ロープウィンチ3倍力集材(& PCウィンチ使用上の注意点)
  • 大径木対応ログ用リフティングトングと1.5t材ロープウィンチ3倍力集材(& PCウィンチ使用上の注意点)
  • 大径木対応ログ用リフティングトングと1.5t材ロープウィンチ3倍力集材(& PCウィンチ使用上の注意点)
  • 大径木対応ログ用リフティングトングと1.5t材ロープウィンチ3倍力集材(& PCウィンチ使用上の注意点)
  • 大径木対応ログ用リフティングトングと1.5t材ロープウィンチ3倍力集材(& PCウィンチ使用上の注意点)
  • 大径木対応ログ用リフティングトングと1.5t材ロープウィンチ3倍力集材(& PCウィンチ使用上の注意点)
  • 大径木対応ログ用リフティングトングと1.5t材ロープウィンチ3倍力集材(& PCウィンチ使用上の注意点)
  • 大径木対応ログ用リフティングトングと1.5t材ロープウィンチ3倍力集材(& PCウィンチ使用上の注意点)
  • 大径木対応ログ用リフティングトングと1.5t材ロープウィンチ3倍力集材(& PCウィンチ使用上の注意点)