島根・山守network

より多くの人たちが山に目を向けること、また山での作業に“安全に”関われるように、素人目線からの情報の整理、補完が出来れば幸甚

6月26日、27日「島根県」林業研究グループ総会&リーダー研修

4kenrinken2015-272015年6月26日、27日に島根県林業研究グループ総会&リーダー研修が飯南町の中山間地域研究センターで開催された

 今年のテーマは、“輝く女性”、ということで、初日は女性による事例発表とパネルディスカッションをメインに、二日目は女性達のメインの団体に活動発表を行なって頂き、あとは身体を動かすメニューへ。今年は、“ツリーワーク体験会”を行なった。体験会は午前中に会員のみ。そして、午後は申し込みのあった外部の方のツリーワークの勉強会へと展開した。


続きを読む

6月25日、柿木村「ツリーワーク入門」体験会

4yamadukuri12015年6月25日 島根県鹿足郡吉賀町柿木村にてODSKさんをお招きしてツリーワークの入門編の体験会を行った

 講師はODSKのK・木下さんと、KOA森林塾の早川先生。このKOA森林塾の特別講師は、信州大学の教官だった島崎先生。退官後の著書には「山造り承ります(増補版)」がある。

[2016/1/24追記:2016年の3/19〜3/20は、予定通り木部谷温泉松の湯の裏山でツリークライミング講習(高所作業の安全衛生講習を 兼ねて特別教育の修了証を発行する方向でODSKさんが検討中)開催予定で進めている(宿は貸し切りで確保:宿泊費は3食付きで8500円)。講師は ODSK-木下氏、KOA森林塾-早川清志氏、Arborhythm-堀江洋司氏、ウッズ-中島彩嬢、ツリースリー-ホセ・戸出氏を予定]---詳しくは 近々要項及び受講費をODSKさん側で発表予定につき其方を・・・
[2016/1/24追記:続いて3/22〜3/23は、同じく松の湯の裏山でリギング講習を開催予定で進めている(宿は貸し切りで確保:宿泊費 は3食付きで8500円)。講師はODSK-木下氏、KOA森林塾-早川清志氏、ツリースリー-ホセ・戸出氏を予定]---詳しくは近々要項及び受講費をODSKさん側で発表予定につき其方を・・・
[2016/1 /24追記:3/21は、同じく松の湯の裏山で島根県県林研のスキルアップを開催予定で進めている(19日から23日まで連続で受講される方は見学が可能 になる様に県林研事務局に交渉中)。講師はODSK-木下氏他:内容は、木に登らないで樹上にアンカーを採る方法の実作業。民家脇の伐木-搬出。トップ カット後の吊るし移動。ロープ架線搬出などのメニューを検討中]---19日から23日まで連続で受講される方のみと(見学受入れ可能になりましたら)相 談承ります。
続きを読む

野宿は淀んだ精神をシェイプする? 人生も野宿旅...

4ja71kiso 今は車中泊が流行とか。またお金がある人はキャンピングカーなんてものがあるけれど、我々は野宿派。ノジュカーね。いい年した夫婦が野宿だなんてねぇ〜。う〜ん、、、貧乏。でも自由。

 野宿の話を書こうと思い立ったのも、この4月に久々に関東に帰ったのだが、その際に高速代節約とか言って、下道で1000kmを帰ってみたからだ。
 結果、美味しいものを食べたり、あちこち寄ったりしたので高速で帰った方が全然経費が掛からなかったのだが・・・
 やっぱり楽しいわ野宿は。
続きを読む

吉賀町「災害に強い森林づくり講演会」と現地アドバイス会レポート

2015年6月7日:島根県吉賀町主催「災害に強い森林づくり講演会」と現地アドバイス会レポート
・・・ただいま製作中・・・
4yoshiga50607-1 Webサイトに告知していた吉賀町での、「田中賢治氏の講演会&現地アドバイス会」に参加して来たので内容をレポートする。


続きを読む

伊勢の樹々に圧倒される

4ise12015年7月18日:尾鷲で久々に親戚の方々と邂逅する貴重な時間を得た後は、折角だから伊勢に足を延ばすことにした

 7月の20日に兵庫県丹波市に於いて、『丹波市新エネルギー普及事業 未来の森づくりシンポジウム 〜薪循環で森を宝に〜』が開催され、その翌日に災害現場でウッズのきこりさんと一緒に作業をして、搬出のボランティアをやるから来ない?とODSKさんに誘われて居た。
 当日近くにならないと行けるかどうか解らないのでまた連絡します、と返事をしてあったので出直すとなると日程がギリギリだが、お伊勢さんに行った事のない嫁さんを連れて行く事にしたのだった。

 それにしても、伊勢の樹々は凄かった。神社林、そして奥の山には別の次元の生命が感じられる。それが粘菌によるバイオフィールドなのか樹々の精霊なのかは解らないが我々とは違う存在が居まします様に感じられる。

続きを読む

ブログ開始に際して・・・尾鷲の山から

4owase50717-1---ブログ開始に際し、島根からのネタが最初ではなくて三重県の尾鷲市の話から始める---
2015年7月16日:台風に向かって紀州へ

 ブログは初めてなので練習がてら尾鷲をネタに記事を書いてみる。
 7月16日、まもなく台風が本州を横断するとニュースを聞きながら移動。中国道から大阪を抜ける辺りまで良かったが、だんだん風雨が強まって来た。
 でも、大丈夫。昔から雷は窓に貼りついて楽しめる方だし、台風、大雪とかいうと家に居られず出掛けるタイプ。

 お陰で、台風の時とか台風後の河原では、愛車がスタックしてしまい自己脱出の練習ばかりしていた。勿論、四駆。レスキューアイテムは、四輪分のチェーン(スパイク付き)やらエアジャッキ、ワイヤー、ハンドウィンチなど色々。
 えっ?スコップは当然の装備。時には、スペアホイールを外して浮いたタイヤの下に埋め込んで脱出する事も。
 だから、人生もドツボにはまったとしても自己脱出が基本。感じて、考えて、留まって機を待ち、腑に落ちたら(信号が来たら)動く。盲動はしない。そもそも元が臆病なので本当に危ない事はやらない。
 山仕事は臆病くらいの方がよい、と多くの人が言う。でも、何が危ないのかさえ分からない奴が多すぎる。自分の内からの信号を感じられないし、他人からの声も届かない奴が・・・
続きを読む
ギャラリー
  • 野山での調理道具---2)「以前から持っているもの」と最近のもの
  • 野山での調理道具---2)「以前から持っているもの」と最近のもの
  • 野山での調理道具---2)「以前から持っているもの」と最近のもの
  • 野山での調理道具---2)「以前から持っているもの」と最近のもの
  • 野山での調理道具---2)「以前から持っているもの」と最近のもの
  • 野山での調理道具---2)「以前から持っているもの」と最近のもの
  • 野山での調理道具---2)「以前から持っているもの」と最近のもの
  • 野山での調理道具---2)「以前から持っているもの」と最近のもの
  • 野山での調理道具---2)「以前から持っているもの」と最近のもの